【買取】中古マークレビンソン No.32L | Mark Levinson No.32L

買い取りしたマークレビンソン 32L

リファレンスプリアンプ

Mark Levinson No.32L

(当社・最高買取価格97万円)

中古マークレビンソンNo.32L | Mark Levinson No.32L(写真撮影時のセット)

Mark Levinson No.32Lの状態

入荷した際にはテスト環境にて動作テストをします。問題がなければ一般的なシステムで数時間通電。このMark Levinson No.32Lは最初から”らしいサウンド”で力感と品格を兼ね備えたサウンドが鳴りました。エア感の臨場感もかなりのもの。凝縮感もありながら広がりと各音像の密度感と立体感が手に取るようにわかる状態。スピーカーやパワーアンプ、上流機は変更しないためプリアンプだけの変化がわかります。

また重ねて使われていた個体は発熱による影響があります。全体の消費電力は150Wにもなりますので、サウンド面からも電源部とコントロール部を放して使用する事を強くおすすめします。取扱説明書にも記載がありますね。

重ねるとカッコいいのですが、音は確実にちがいます。可能であれば縦に放すのではなく、横や後ろに平行に50~80cm程離すと良いです。

Mark Levinson No.32Lを常用する場合は電源部とコントローラ部を放してください。

マークレビンソンNo.32Lの中古は割とサウンドに個体差があるように感じます。これはJAZZ評論家の寺島氏やNo.32Lの愛好者の方からも聞いた事。STUDER A730やD730などもかなり個体差があります。ある程度の年数や内部バージョンなどの変更もあるでしょう。Mark Levinson No.32Lのサウンドや個体差は10年以上の製造期間が関係していると思われます。この個体のシリアル番号は約2000番でした。またNo.32Lの個体ではフィッシャー端子のDCケーブルのオスメスフィットがあまりよくない個体もありました。微妙なのかもしれません・・・

Mark Levinson No.32L | リアパネル面

外観では筐体に黒色アルマイト処理とブラスト加工の状態から、その個体大切に扱われてきたかどうかが凡そ予測できます。手垢でアルマイト加工が剥がれた個体も多数あります。

Mark Levinson No.32L

今回入荷した個体はとても状態が良かったため過去最高の97万円(通常80万円~90万円程)での買取となりました。2年前にハーマンジャパンでのチェックが行われています。販売価格は124万円程ですが、相当にお得だな個体だったと思います!サイト掲載翌日にご商談を頂き誠にありがとうございました。

中古マークレビンソン32L|Mark Levinson No.32Lの詳細ページ⇒


Mark Levinson No.32L ハーマンジャパンサイトから抜粋

1999年、自らリファレンスの名を冠した初のプリアンプ“No.32L”が登場します。

この記念すべきモデルは、総ての妥協を廃すことで至上の音質性能を実現する、マークレビンソンのリファレンス・ラインの一員として設計されました。このため、過去のレビンソン・アンプの持つ総ての技術要素を継承しながら、さらに最新の技術と最高の素材を融合したまさに究極のアナログ・プリアンプです。

アルミブロック削り出しの電源ボックスにリ・ジェネレーション電源とロジック・コントロール回路を搭載し、アルミダイキャスト成型のオーディオ用ボックス内にフルバランス・オペレーションのモノラル回路を左右シンメトリーに搭載。ボリューム回路にはディスクリート構成の超高精度レジスター群をロジック回路でコントロールすることで、究極の精度と音質を実現したステップアッテネーターを採用しています。また、オーディオソースとして再び注目の集まっているアナログ・ディスクに対応し、フルバランス・オペレーションのMC/MMフォノイコライザー・モジュールもオプションで用意され、本体に組み込むことができます。

No.32Lは文字通りプリアンプのリファレンスとして、オーディオ界に君臨し続けることでしょう。


Mark Levinson No.32Lの諸元

●ボリュームコントロールレンジ:80.0dB(594ステップ)
●ボリューム解像度:目盛り23.0(-57dB)以下:1.0dBステップ  
●最大入力 :+18dBゲイン2V/1V(バランス/アンバランス)  
       +12dBゲイン4V/2V(バランス/アンバランス)
       +6dBゲイン8V/4V(バランス/アンバランス)  
       0dBゲイン16V/8V(バランス/アンバランス) 
●最大出力:16V(バランス)/8V(アンバランス)
●入力インピーダンス :100kΩ
●出力インピーダンス: 10Ω以下(バランス)、20Ω以下(アンバランス)
●周波数レスポンス:10Hz~40kHz±0.1dB
●歪率: 0.001%以下
●クロストーク :120dB以下
●入力端子XLRバランス×3ペア/RCAアンバランス×5ペア
●出力端子 プリアウト:XLRバランス×2ペア/RCAアンバランス×2ペア
●レコード出力:XLRバランス×1ペア/RCAアンバランス×2ペア
●ゲイン: 0/6/12/18dB
●フォノモジュールゲイン(OP): +40dB/+60dB
●電源 AC100V(50/60Hz)  
●消費電力 150W(最大)
●サイズ(W×H×D):オーディオサーキット部:495×106×289mm、
電源/コントローラ部:495×77×329mm
●重量:オーディオサーキット部:12.4kg  電源/コントローラ部:17.7kg

Mark Levinson No.32L

cello ENCORE【チェロアンコール】 アンプシリーズ買取

cello ENCORE 1MΩプリアンプと

cello ENCORE パワーアンプの

買取~整備~販売

【中古チェロ・プリアンプ&パワーアンプ】cello ENCORE シリーズのプリアンプとパワーアンプ

買取りさせて頂いたcello ENCORE 1MΩ(アンコール)プリアンプの状況

今回買取させて頂いたcello ENCORE(チェロ・アンコール)1ΩはPHONO付きの初期版で、充実した本体基板回路と電源部もEIコアトランスやチョークコイルを用いたこだわりの電源部です。買取時には固定抵抗切替式のボリュームに若干のガリがあり、劣化電解コンデンサーが十数個ある状態でした。また本体電源部3500μのブロックコンデンサーも要交換。

cello ENCORE 1MΩの固定抵抗切替式VRの分解

本体内部にも下記のような劣化電解コンデンサーが十数個ある状態でした。これら劣化電解コンデンサーは底が膨らみ破裂までわずかな状態。このコンデンサーは多くのcello製品に使われています。cello AUDIO SUITEにもcello AUDIO PALETTEの基板にも。過去に扱ったcelloのアンプのほとんどは下記同様の状態です。オリジナル部品云々以前に危ない状況。サウンドは当然ながら純正からはずれミッドレンジが薄い俗にいう『チェロの音』。本当はもっと艶やかで厚く、押し出しもあります。

cello ENCORE 1MΩ  PNONOの劣化コンデンサーの一部

cello ENCORE 1MΩ PNONOの劣化コンデンサーの一部(1989年製の電解コンデンサー)

 

下記は整備中の写真ですがとても綺麗な状態です。NGとなる劣化部品はコンデンサー含めリレーなども交換していきます。

cello ENCORE 1MΩの整備中写真

製造から30年近く経つ個体としてはまずまずです。傷が多く基板損傷が激しい個体は買い取りませんので次にご購入される方も安心だと思います。

整備が終わり各部全ての動作点検、スペック点検、音出しテストは約5日間です。現在は密度感が高いcello ENCORE 1MΩ初期ならではのサウンドだと思います。この時代のEIコアトランス&チョークコイルインプット式電源は多少唸りますが音楽のじゃまにはなりません。

下記はcello ENCORE 1MΩ初期の取扱説明書のフォノ抵抗のセットアップ資料です。

cello ENCORE 1MΩ初期の取扱説明書とPHONO設定シート

 

買取りさせて頂いたcello ENCORE(アンコール) パワーアンプの状態。

cello ENCORE パワーアンプ

cello ENCORE(チェロ・アンコール)初期パワーアンプは基本的にはモノラルパワーアンプで天板とフロントパネルのみ共通で他は完全セパレートです。cello ENCORE パワー初期からcello ENCORE mono 3まで基本構造は変わりません。

cello ENCORE パワー(電源供給は左右CH2本必要です)
cello ENCOREcell(アンコール) パワー整備中

上記を見てもわかるかもしれませんが、出力トランジスタは片CHで2個だけのシングルプッシュです。筐体がヒートシンクになっている事もわかりますね。ですので夏場などは筐体へ程よく冷却ファン充てることは有効です。

筐体を分解すると完全モノラルのパワーアンプをくっつけたという事がわかります。MONO版とのちがいはフィッシャー入力端子がブリッジ仕様のように配線をパラしていない事です。些細な事かもしれませんが入力部の数並列数は音質にも関係してきます。

下記は電源部の8200μブロックコンデンサー(左右4個)は劣化していますので4本とも交換しています。

ちなみにチェロアンコールパワー1台で20畳程のリビング想定の試聴室のJBL DD66000を驚くほどかなり鳴らします。部屋が飽和するほどの音量でも音を上げない小さな巨人?かもしれません。

cello ENCORE アンプシリーズ

cello ENCORE 1MΩはガリが出ていもご相談ください。綺麗な状態のチェロアンプすべて国内トップの買取価格でご査定します。リファレンスシリーズのcello AUDIO SUITE、cello AUDIO PALETTEやcello AUDIO PERFORMANCEも日本一の買取価格です。

今回入荷した中古チェロ アンプの販売情報はこちら⇒

ハイエンドオーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)

 

LINN KLIMAX SOLO/dps | 中古パワーアンプの買取

【中古パワーアンプ買取】LINN KLIMAX SOLO/d  UP Grade|リン・クライマックス・ソロ(ダイナミックパワーサプライ版)

買取入荷したLINN KLIMAX SOLO-D

LINN KLIMAX SOLO/d の強力なスピーカードライブ能力。

今回買取入荷したLINN KLIMAX SOLO/dはダイナミック・パワーサプライのUPグレードを受けた個体です。例えばJBL DD66000のような38㎝ウーファーをダブルで搭載したスピーカーは大きな逆起電流を起こしたり、強力なダンピングファクターをパワーアンプに求めます。ですので、駆動力のない中古パワーアンプだと各ユニットがバラバラに鳴りますので重いウーファーは遅れて聴こえトゥイーターだけが先に耳に届くイメージです。スピーカー振動板位置がちがい位相が崩れて聴こえる感じでしょうか。実際には各ユニットをビシバシと駆動できていないためです。

LINN KLIMAX SOLO-Dの裏面シリアルナンバー、UPグレードナンバーなどの確認

LINN KLIMAX SOLO/dpsではすべてのユニットから出る音の速度が揃って聴こえます。これはおそらくダイナミックパワーサプライの大きな目的だったと思われます。LINNのフラグシップスピーカーは多数のスピーカーユニットから構成されていましたので複雑なネットワークの「抵抗」すら駆動するパワーが必要だったのでしょう。

LINN KLIMAX SOLO-Dアップグレード版の買取

LINN KLIMAXのセットにLINNのシルバーケーブルでセットアップするとサウンドがまとまります。LINN KLIMAX SOLO/d ver.UPが入る事で数ランクアップしたサウンドへ!さらにLINN KLIMAX KONTROL/SE.dプリアンプをモノラル仕様にする事でスケール感や余裕度がアップします。

得意な音楽ソースという偏ったところはありませんが、強いて言えば録音~マスタリングの差を明示してしまいますのできちんとつくり込んだ作品を聴かれてください。恐ろしく制作者側の仕事を評価してしまう事にもなります。ダサいプロダクトはダサいまま。ECMの2017年頃からのステファノ・アメリオなどのプロダクトは素晴らしいスケール感と緻密なサウンドスケープとなります。

 

LINN KLIMAX SOLO/dの個体について

筐体外観の状態は打痕などはありません。汚れや小傷があります。裏面にはUPグレードのシリアル番号があります。動作状態も良く高いS/Nも確保。左右の個体差もほぼありません。元箱はなくLINNのシルバーケーブルや取扱説明書が付属していました。

LINN KLIMAX SOLO-DとLINN KLIMAX KONTROL dps.ver.up Dynamic power
状態の良い、綺麗に使われていたLINN KLIMAX SOLO-D

今回のLINN KLIMAX SOLO/dの買取価格

今回のLINN KLIMAX SOLO/d Ver.UP版の買取価格は82万円です。LINN KLIMAX SOLO/dであれば90万円の買取価格です。元箱や2016年以降の個体なら95万円程のご査定となります(2019年5月時点)

入荷時、使用の通常動作テスト3時間を2回合計6時間行います。

入荷時の動作テストは3時間を2セットと翌日に6時間行います。この間に不具合や内部電子パーツの破損があった場合は修理・整備し販売となります。

買取したLINN KLIMAX SOLO-Dの付属品

LINN KLIMAX SOLO/d 概要

形式:ソロ(モノラル)パワーアンプ
最大出力:650W(4Ω) 380W(8Ω)
最大消費電力:900W
標準消費電力:39W
スタンバイ時消費電力:3W以下
再生周波数帯域:2Hz~60kHz
最大出力電圧:70V
入力端子:XLRバランス1系統、RCAアンバランス 1系統
出力端子:RCAアンバランス スルー出力端子、バナナプラグ対応バインディングポスト 1対
入力インピーダンス:7.6kΩ
サイズ:W350mm x D355mm x H60mm
重量:9kg

 

LINN DPS ダイナミックパワーサプライについて

DPSはパワーアンプをドライブする「電源」のパワーを上げます。これまでの電源のパワーを50%アップさせ、膨大な電源供給能力を誇るUPグレードです。 スピーカー駆動力は30%のアップとなります。さらに音楽信号に添って電源を瞬時に供給できるよう高速化や反応の速さ、ユニットの制御力もアップ。さらに静粛性(S/N)を6dBも改善しました。


ハイエンド中古オーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)

 


LINN KLIMAX SOLO/d ver.UP版のご視聴

LINN Klimax Kontrol SE&kontrol2台、Klimax SOLO

LINN KLIMAX SOLO/dはJBL DD66000やMark Levinson、celloなどのシステムと比較視聴しながら選べます。プリアンプはLINN KLIMAX KONTROL dps.ver.up Dynamic powerや初期バージョンなど3台のLINN KLIMAX KONTROLと組み合わせてご視聴が可能です。

LINN KLIMAX SOLO/dの販売・ご視聴⇒

LINN KLIMAX SOLO-DとLINN KLIMAX KONTROL/SEのモノラル再生!

お電話でのお問い合わせ   03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事がございます

メールでのお問い合わせ info@kaitori-audiodripper.jp