cello pre amp&power amp kaitori

cello AUDIO SUITEプリアンプ &cello performanceパワーアンプ、ENCORE 1MΩプリアンプ&ENCORE mono power パワーアンプの買取

約30年前に誕生したハイエンドアンプ「cello」。ここでググったら載ってるブランドの歴史をコピペしてもしょうがないので、年代也のウィークポイントを記載します。

まず30年経過していますので、cello AUDIO SUITEプリアンプやcello PERFORMANCEパワーアンプ、cello ENCORE プリアンプ、cello ENCORE パワーアンプ、cello ENCORE 150パワーアンプほとんどの個体は本来の力を発揮していません。ヴィンテージカーやヴィンテージマンション、時計、カメラと同じで”正しい”整備をしていないと外側だけチェロという事になります。

同じモデルでも個体差が大きいcello

ポルシェ964RSや993RS、国産ではGTR32や33など1990年代に誕生した走るクルマは整備状況によってその個体はまったくちがいます。たとえサーキットを走っていてもきちっと整備していればバリっとしています。洗車ばかりしていた個体は外観が綺麗でもエンジンが眠かったりします。

話しはめちゃ脱線しますが僕が964RSRや996GT3で富士スピードウェイへ毎週通っている頃は整備はGTレースに参戦していた横浜のナインテンというファクトリーで整備していました。2週に1回でオイル交換し、タイヤをかえていました。よく整備をしていましたのでバイクのように軽く回るエンジンでした。高速道路では90㎞/h以上出しません。エンジン回転数は3000rpmキープ。オイルプレッシャーを保ち法定速度で走ります。カッコ悪いのは一般道で一般車を煽るスポーツカーほどカッコ悪い乗り手はいないw

964 Cup car、993RS,964RS

さて『cello』のヴィンテージアンプ達。上のJBlサイドボードに置いてあるcello AUDIO SUITEは10年以上前、Mark Levinson氏ご本人がニューヨークで使用されていた個体でした。とてもレアなモジュールが入っていましたがこれも整備をして2回調整をしました。入荷時はとてもヌケが悪い個体でしたが電源部の消耗部品やP301の劣化部品などを丹念に交換し生まれ変わりました。販売価格は200万円という格安価格でした。一般流通品よりも高いのは当たり前です。理由は単純で素性と音が良いから、です。

上の写真のcello ENCORE初期&cello ENCORE パワーアンプはRF社長N氏がセレクトしたone owner品。とても珍しいセット。こちらも納品前整備(見込整備)します。

cello ENCORE PREAMP初期,2,3シリーズ

celloのプリアンプ&パワーアンプのウィークポイント

celloプリアンプのウィークポイントは電源ユニット、コンデンサーの消耗が挙げられます。そして代替えパーツの選択が難しい事。国産部品などに適当に変えられている個体も多数あります。本体ではチューブラ型コンデンサーの劣化があります。またcelloプリアンプの場合は固定抵抗切替式のボリュームの接点の酸化被膜などでしょうか。電源OFFにして各スイッチやボリューム系を1か月1度程度20回ほ動かす事で避けられます。サウンドが繊細過ぎると感じられる個体は電源部などの部品が消耗している可能性があります。またDCケーブルの選択でも音質差が出ます。

cello AUDIO SUITEも同様ですがこちらも意外と発熱があるので、夏場は熱には注意ください。特にcello AUDIO PALETTEは発熱量がありますのでラック内に閉じ込めないでください。徐々にS/N比が悪くなりますが、小型チューブラ型コンデンサーの容量不足などが出てきます。劣化部品にの劣化は「熱」との闘い(苦笑)です。ハイエンドオーディオの多くは北半球に在り、アメリカ北米は北海道と同じような湿度環境です。日本のような高温多湿な場所で開発されているハイエンド機器は少ない事をご留意されていれば電子部品の激しい消耗を抑えられます。

cello AUDIO PERFORMANCE

良い部分は適正な整備がなされた個体や新品当時の性能に生まれ変わったcello AUDIO SUITEなどのクオリティ面で凌駕するプリアンプは国産ハイエンドにもあるでしょうが、音楽が鳴り始めると世界は一変します。現在1千万円を超えるハイエンドプリと”音楽”を比較すると気づきがあるかもしれません。

但し、celloもMark Levinsonアンプなど30年経た中古オーディオ機器は個体差が大きいので十把一絡で語るのは乱暴すぎます。修理・整備する場合も部品の選択がとても重要で、せっかく修理してあっても部品選択のがおかしい場合も多々あります(実際に入荷したcelloアンプやMark Levinsonアンプ、の修理箇所を修理しなおす事もあります)。

cello AUDIO PALETTE&cello AUDIO SUITE

■Celloプリアンプ・コントロールアンプ(買取保証額)


cello AUDIO SUITE
cello AUDIO SUITE

AUDIO SUITE 国内最高値で買取します さらに整備履歴の内容でUPします。

状態や付属品、修理・整備履歴で大幅UPします。


Celloパワーアンプ 国内最高値で買取します(買取保証額)


Performance ¥1,100,000~

Performance MK2 ¥1,150,000~

ENCORE 150 MONO ¥1,000,000.~

ENCORE POWER MONO ¥350,000.~

ENCORE POWER MONO 3 ¥400,000~

DUET 350 DUET 350mk2


■Celloイコライザー(パレットシリーズ)買取額

AUDIO PALETTE AUDIO PALETTE MIV  国内最高値で買取可能です


■Cello DAコンバーター買取額

R DAC ¥430,000~ 2017年 直近買取価格¥600,000.(新品同様の個体)


■Cello スピーカーシステム(買取保証額)

Amati ¥250,000~(スタッグはさらに割増)


 

cello ハイエンドオーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)

 

 

お電話でのお問い合わせ   03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事がございます

メールでのお問い合わせ info@kaitori-audiodripper.jp

Cello mono2 power


■cello 整備&レストア

cello Audio Palette MI V のメンテナンス⇒

CELLO Audio PALETTE Maintenance(チェロ・オーディオ・パレット整備)⇒

マーク・レヴィンソン&トム・コランジェロの「CELLO」アンコール コントロールアンプ、Cello ENCORE 1MΩ L 整備完了。⇒

 

■Mark Levinson プリアンプ&パワーアンプの整備&レストア

Mark Levinson ML1L 修理・整備【中古 マークレビンソンML-1L】⇒

Mark Levinson No.20.6Lフルレストア整備 No.6. No.20.6Lの回路・部品からの考察。⇒
※No.20.6Lのレストア記録⇒

 

憂鬱なOLD Mark Levinson 整備録 1 一般中古状態  ⇒

OLD Mark Levinson 整備録 2 不具合箇所など ⇒

OLD Mark Levinson 整備録 3 トランジスタ全交換&電圧計測 ⇒

OLD Mark Levinson ML2L整備録 4 音出し計測 ⇒

OLD Mark Levinson ML-2l整備録 5 EIコア型 ⇒

OLD Mark Levinson ML-2L整備録 6 EIコア型フルレストア ⇒

OLD Mark Levinson ML-2L 整備録 7  EIコア型 ステレオ再生チェックア ⇒

OLD Mark Levinson ML-2l  整備録 8  トロイダル・コア型で問題?⇒

Mark Levinson ML-2L整備 9 トロイダル・コア型の発熱とEIコア型の微小ハム音解消!⇒

Mark Levinson ML-2L 整備録  9.5  スーパーカーvs  ML2L ⇒

Mark Levinson ML-2L レストア整備録 10 EIコア完成!⇒

中古ハイエンドオーディオアンプ スピーカー 販売 秋葉原 日本橋 Audio Dripper TOKYO。マークレビンソン修理・整備(アンプ整備)
整備・オーバーホール

No.26L(2台)、ML7L(2台)、JC2、ML1L、No.20.6L、No.27Lなども整備・フルレストアしました。整備通常のレストアは非公開となります。スピーカーやネットワークのオーバーホールも上記測定器等で周波数毎に歪率を測定します。

Marklevinson ml7l,ML2l
買取した Marklevinson ml7l,ML2l(4台)すべて整備、フルレスア。

2016年5月から2017年12月まで38台のレビンソンアンプを買取&販売しております。


■Cello社の製品プロダクト

January 1985       Audio Palette and Master Supply
March 1985          Cello Strings I Interconnect Cable
July 1985              Audio Suite Modular Preamplifier
June 1986             Performance Amplifier and Amati Speaker
June 1987             Etude Passive Preamplifier
July 1988              Encore Preamplifier
October 1990        Palette Preamplifier
May 1991               Cello Strings II and III Speaker Cables
September 1991   Duet 350 Amplifier and Strad Grand Master Speaker
October 1991        Encore 50 Amplifier
November 1991    Strad Master Speaker
April 1992              Strad Premiere Speaker
April 1993              Encore Line Preamplifier
August 1994           Strad Legend Speaker
September 1994    Serafin Active Speaker
December 1995     Encore 150 Amplifier
July 1997                Elves Speakers
January 2003        Rhapsody Amplifier
January 2006        Chorale Preamplifier and Master Power Supply
March 2010            Encore Amplifier

Mark Levinson & celloアンプレビュー

cello ENCORE 1MΩオーバーホール

Mark Levinson No.26L&ML7L プリアンプの買取

Mark Levinson No.26L

Mark Levinson ML7L プリアンプの買取

マークレビンソン・プリアンプ の初期集大成ML7Lとマドリガルレビンソンの銘作No.26L。LNP-2LやJC2などのモジュール式プリアンプとは異なる魅力を発揮するレビンソンプリ。共通するサウンドは熱い躍動感温度感あるサウンド。

Mark Levinson No.26L BAL preamp
Mark Levinson 買取→状態確認→整備・見込整備・セミレストア・レストア→販売というながれです

Mark Levinson【マークレビンソン】のプリアンプは80年代~90年代の中古ハイエンドオーディオメインストリーム。

Audio Dripperでは年間20台ほど扱います。整備などを含めると30台程になるかもしれません。一つに流通量が多いという理由があると思います。マークレビンソンというアンプのネームバリューからくる、一度は使ってみたいという好奇心。雑誌などで評価。様々な逸話など(笑)そういう多様なことひっくるめたレビンソンアンプ。

もう一つは整備性。これは重要でやはりいいパーツが使用されているので、特性がめちゃめちゃにならない。基板や主要パーツの劣化が少ない。製造販売から30年後の今での整備が可能な事。現代のハイエンドは表面実装パーツが多いため、いずれ大量の不具合機が出回ると想像します。時代がそうだなからしょうがないのかもしれません。

Mark Levinson No.26Lプリアンプ

そしてもう一つがサウンド。フルレストアや左右CHの特性合わせたレビンソンアンプの魅力は現代のグローバル化されたサウンドとは一線を画します。表層的なサウンドは古いかもしれないけれど、そこから先を聴いていくと、コストバリューなんです(笑)そもそも現代ハイエンドで搭載されている電子部品のブランド、パーツ(中には数値までも)が同じです。しかもサイズが大きいこともしばし。

Mark Levinson No.26L(BAL)最終版・元箱
整備済 Mark Levinson No.26L(BAL)最終版・元箱

たいていの中古マークレビンソンアンプの多くは劣化部品が多数あるため、然るべき整備がなされていなければ、本領発揮していません。Audio Dripperで販売しているMark Levinsonアンプの8割は整備済み、もしくはレストア済みです。

中古 Mark Levinson Ml7L(MCモジュールL3A)。ドイツのレダーシュタイン製のMKC1862 M5(Vishay/Roederstein)メタライズド・ポリカーボネイド・フィルムコンデンサー多数

マークレビンソン・プリアンプ在庫

2019年1月現在 Mark Levinson No.26L(BAL)(正規品)最終版  元箱在庫

2019年1月現在 Mark Levinson ML7L (正規品)在庫(ご予約)

2019年2月現在 Mark Levinson No.26L(正規品)元箱

2019年2月中旬 Mark Levinson ML-6(正規品)

Mark Levinson No.20LやNo.20.6Lなど在庫

 

マークレビンソン・プリアンプ買取価格

■Mark Levinson No.26L(BAL)の 買取価格は28万円(美品)~30万円(美品・元箱あり)~ 
直近1年間の整備済品は34万円で買取

■Mark Levinson ML7L  の買取価格は30万円(美品)~33万円(美品・元箱あり) 
直近1年間の整備済品は37万円で買取

買取した Marklevinson ml7l,ML2l(4台)すべて整備、フルレスア後ご納品

ハイエンドオーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)

 

 

LNP-2L ¥700,000.~ フルモジュール ¥900,000.~【バウエン】    

ML-6    ¥620,000.~ ML6Lも同様

ML-1L   ¥270,000.~

JC-2 ¥270,000.~

※モジュールをお知らせ頂けると幸いです。不動作品や直輸入品もご相談ください。

ML-7L ¥300,000.~

No.26SL  ¥360,000.~

No.26L(BAL) ¥280,000.~

No.26L(BASIC)  ¥260,000.~

No.32L ¥800,000.~ 

N0.380SL ¥230,000.~ 

USED買取ゴールドムンド Goldmund Mimesis 8.2 poweramp

ゴールドムンド:Goldmund Mimesis 8.2パワーアンプの買取

スイス製パワーアンプGOLDMUND Mimesisシリーズ

買取 ゴールドムンド GOLDMUND Mimesis 8.2 モノラルパワーアンプ

GOLDMUND Mimesis 8.2パワーアンプの魅力(ゴールドムンド)

初期ゴールドムンドのパワーアンプと言えば、少ない出力素子と小さなコンデンサー、大容量トランス。メカニカルグランドアース(振動対策)のコンストラクション。ボディは鋼のような強固さで当時のアメリカ製パワーアンプと考え方、アプローチがちがっていました。デビュー当時のGOLDMUND Mimesis 9などは斬新でした。

買取りしました、 GOLDMUND Mimesis 8.2 モノラルパワーアンプ

今回買取したゴールドムンド8.2も上記思想を具現化しています。特に出力段と制御段のシンプルさは真空管アンプにも通じ、歴代のスイス工業機器の設計思想とも相通じるものです。基板はレジストが塗っていないタイプを採用しています。この辺りはスイスフィジックス社のノウハウが活きていると思われます。

買取した、 GOLDMUND Mimesis 8.2 モノラルパワーアンプのパネル

シンプルな回路はサウンドの瑞々しさとなり、小容量の電源部電解コンデンサーは聴感上のスピード感に寄与していると推測できます。

GOLDMUND Mimesis8.2のメカニカルグランドアース

上の写真はGOLDMUND Mimesis8.2のメカニカルグランドアース部分ですネジ切部分は太い金属製でシャーシを貫通しトランスケースを直に支える仕様です。

GOLDMUND Mimesisシリーズは1990年代初頭ハイエンドパワーアンプの世界に一石を投じたと言ってもいいでしょう。サウンドの魅力もございます。


■GOLDMUND Mimesis8.2 モノラル・パワーアンプ概要

1台あたり W:483mm×H:150mm×D:483 mm 重量35 kg
1995年まで生産
出力:175W (2~8Ω) 入力:アンバランス(RCA)1系統、 バランス(XLR)1系統600Ω受け


ハイエンドオーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)