Audio DripperのURL変更

買取サイトAudio DripperのURLが下記へ変わりました。

より快適なアクセスが可能なサーバとなっています。また独自SSL暗号化にも対応しております。

https://kaitori-audiodripper.jp

ブックマークなどを変更頂けると幸いです。

中古AUDIO専門 TOP page Audio Dripper TOKYO 中古オーディオ 専門店。ハイエンドオーディオ&ヴィンテージオーディオ。

Marantz7-Marantz8

Marantz #7とMarantz #8の買取

ヴィンテージ真空管プリアンプとパワーアンプの4番バッターとも言えるMarantzモデル7と、EL34プッシュプルのMarantzモデル8。
特にマランツ7でそれなりのサウンドで聴ける個体はそれなりに整備がされています。マランツ8は磁束密度の高いトランスが搭載された初期8が人気があります。今回の個体も初期8モデルです。


■Marantz #7 プリアンプ s.n.15千番台(オリジナル・整備・TELEFUNKEN管) 【ご成約  ありがとうございました】 動作保証6か月

比較的コンディションの良いMarantzモデル7です。過去に老舗ヴィンテージショップ様2店で整備された個体で、S/N比も良い状態です。シリアル番号は1万5千番台前半。真空管はすべてテレフンケンのダイヤマーク入りです。これ以上手を入れる場合は、ボリュームのクラロスタットを分解オーバーホールをすると良いかもしれません。現在若干ガリが出ますが変更するほど酷い状況ではありません。販売価格はこのあたりを考慮させて頂いたものです。例えば導入されて、約1年後コンディションチェックを兼ねてボリュームを整備する事もおススメです。

Marantz#7 PREAMP

Marantz#7 PREAMP(整備費用24万円以上~)

過去の整備はマランツ7のポイントを抑えた整備内容で、総額24万円かけられています。修理整備時期は2015年、2017年の履歴。

2社による整備。クラロスタットVR、バンプルビー、セレン抵抗はオリジナル。

Marantz #7は2社による整備。クラロスタットVR、バンプルビー、セレン抵抗はオリジナル。

Marantz #7リアパネル

Marantz #7リアパネル

シャーシ状態も目立つ錆びなどはありません。

予備真空管も数本お付けします。TELEFUNKEN製ダイヤ入り

予備真空管も数本お付けします。TELEFUNKEN製ダイヤ入り

付属品:予備真空管、予備パイロットランプ、整備書類(2社)

■Marantz #8 オリジナル TELEFUNKEN EL34 【ご成約  ありがとうございました】

シリアル番号二桁のオリジナル初期型マランツ モデル8(EL34PP)こちらも老舗ショップ様が仕入れられた個体。消耗するコンデンサー類は整備されています。ハム音や残留ノイズも抑えられています。4本のEL34のバイアス調整も簡単です。出力管はテレフンケン製のEL34で、現在装着されている出力管は雑誌「ラジオ技術」の実験で登場した特性が揃った真空管との事です。

Marantz model8 power amp 整備済

Marantz model8 power amp 整備済

Marantz #8 オリジナル

Marantz #8 オリジナル

Marantz#8 ボンネット

Marantz#8 ボンネット

シャーシは年代也ですが、気になる錆びや傷、へこみがないコンディション。ボンネットも綺麗な状態です。

マランツ7やマランツ9、マランツ8は状態や整備内容をプラスして買取させて頂きます。


お電話でお問合わせ  03-5809-3401(13:00~20:30)買取外出している事がございます

メールでお問合わせ info@kaitori-audiodripper.jp 

お問い合わせフォーム  買取お問い合わせフォーム

今も愉しめるスピーカー達。

いまも愉しめる、レジェンド・スピーカーコレクション。

アメリカ Jensen G610C コンサートマスター

ドイツ  Klangfilm EURODYN クラングフィルム オイロダイン

アメリカ  JBL Hartsfield JBL Project K2 S9500 BK

イギリス  TANNOY Autograph

アメリカ  ALTEC A5 ALTEC 817Aシステム

2018.1.11日現在


Audio Dripper のヴィンテージ・スピーカーコレクション

11月頃からKlangfilm EURODYN クラングフィルム オイロダインやJBLHartsfield、JBL Project K2 S9500 BK、TANNOY Autograph、ALTEC A5、ALTEC 817AシステムStephens Trusonicなどのホーン型ヴィンテージスピーカーが聴けます。なかなか珍しいスピーカー達が集まりそうです。アンプはスピーカーに合ったものをご用意中ですのでご期待ください。Klangfilm EURODYN とJBL Hartsfieldは当時の純正セットに近いシステムでセット予定です。

ヴィンテージスピーカー ALTEC A5
Klangfilm EURODYN

昨年から今年にかけてヴィンテージ大型スピーカーはSIMENS EURODYNをはじめVitavox CN191、TANNOY Autograph(GM)、ALTEC A5  2セット、JBL ハーツフィールド3セット、JBL Olympus 4セット、JBL Palagon、JBL DD55000、JBLプロ用システム等をご成約頂きました。ご成約頂いた半分はユニットとネットワーク、エンクロージャ整備のご依頼を頂いたものでした。基本的には純正に準じた整備。

僕たちがメインで取り組んでいるヴィンテージハイエンド機やSTUDER 機のオーバホールやレストアは90台となりました。製造から30年、40年と経つ機器ですので、整備後の納品直後に要調整となる事もあります(ご迷惑おかけしております。。) 古い機器だからといってサウンドが古いわけではないですね。1960年代から1990年代のヴィンテージハイエンドオーディオは、インターネットがまだない時代でエレクトロニクス系の優秀な才能がまだオーディオ業界で活躍できた時代でした。

現在では優秀な人材から金融やIT業界へながれていきます。優秀な人達が造り上げるインフラ上ではしる数多あるスマホアプリやコンテンツに本当の意味での情報はなく、夥しく流れているのは「過報」といっていいものかもしれません。しかし個人がリアルにUPして繋がり広がっていくコミュニケーションは独特なもの。僕自身モザイクの時代からネット界隈で仕事をしていたせいか、オーディオ業界の端に身を置くまで、とっかかりの情報はネットからが当たり前だと思っていました。今では時間つぶしになるツールでもあり、ある意味で情報リテラシーが低い程に依存度が高くなるとも言えます。めちゃ脱線します・・・

 オーディオを巡る世界は面白くなくなったか?

・・・・そんな事はなくて、オーディオが好きで、音楽が好きな方は自分の居場所としてひっそりお店をしたり、商談スペースをオーディオとミッドモダンなインテリアでおもてなしするという時間をつくられる方もいます。別荘やご自宅でまったくちがうサウンドを追究されたりと。贅沢ではありますが、楽しみ方も幅広くなりました。ヴィンテージ機器からハイエンド機器までオーディオの歴史を横断し選択できる幅が広がりました。

オーディオ本来の自分の部屋で理想のサウンドと向き合う事はヲタクな暗い趣味ではありません。清潔な部屋に越したことはありませんが、4畳半でも60畳でも、モノは関係なく孤独を愉しむ贅沢な時間だと思います。今どき孤独を楽しむチャンスはそう滅多にありません。オーディオこそ独りで楽しめる男(女)の趣味。

音楽が、オーディオが、媒介となり自分と向き合える時間が「オーディオ」。他の趣味と趣きがちがう部分は「音楽」という古えの人々達の歴史と機械と環境が介在すること。なので、音は十人十色。いびつでもOK、極悪なサウンドでもOK。繊細極まるサウンドでもOK。襲い掛かってきそうな音もOK。人それぞれ音楽体験がちがいますし、部屋もちがうので結果、音の好みも変わって当然。在るのは自分がその時間を心の底から楽しいと思えるか、明日も頑張ろうと思えるか、それだけです。

JBL K2 S9500

本題は、Klangfilm EURODYN クラングフィルム オイロダインやJBLHartsfield、JBL Project K2 S9500 BK、TANNOY Autograph、ALTEC A5、ALTEC 817Aシステム、Stephens Trusonicは間違いなく一人で、10年以上は楽しめる道具であるという事でした。秋の夜長はオーディオをとことん聞いて、弄って、音楽を聴く最高の季節!

Klangfilm EURODYN 、JBLHartsfield、JBL Project K2 S9500 BK、TANNOY Autograph、ALTEC A5、ALTEC 817Aシステム、Stephens TrusonicはAudio Dripper TOKYO販売WEBへ随時アップしていきます。


お電話でお問合わせ  03-5809-3401(13:00~20:00)  メールでお問合わせ   info@audiodripper.jp