入荷した JBL DD55000 EVEREST

JBL DD55000 EVEREST

数年前に私的に鳴らしていたことがあるスピーカーのJBLDD55000。

変更しない方がいいですよ!と何度かお話してましたが、

強力なJBL SRシステムに変更され、下取りとして入荷しました。

DD55000は大型のJBLホーン・システムです。

しかもコンセプトはピュアな志向で、JBL社の現代フラグシップ・スピーカーの中で

ジム・ランの思想を一番色濃く反映された側面をもつスピーカー。

その理由は追々書きますが、一筋縄ではいかない筆頭でもあります。

JBL EVEREST DD55000 FM ACOUSTICS FM245、LINN CD12

JBL DD55000の状態

全体的なコンディションは良好です。サランネットのダボがホーンを痛めている個体や、突板の剥がれや黒塗装部分のヤレが多いDD55000で、ビシッとしています。ホーン部分のダボ受けがヤレていますが整備交換します。ネットワーク類の整備もされていました。この状態がどうかはこれからです。また150-4Hはオリジナルを保ちギャザーエッジ部分の山、動きも大丈夫。

ユニットを外しているため音出しはしていませんが、内部配線材も純正のまま、吸音材もカーテンがかかった状態で良好です。キャビネットの造りはフラグシップ系JBLの中では一番コストがかかっている造りです。数十年ぶりに登場させるJBL社のこだわりが随所に感じられます。JBL DD55000 販売ページ ⇒

JBLDD55000のユニット構成

日本国内ではあまり人気がないかもしれませんが、その理由がいくつかあります。まず一つはサイズでしょうか?デザインは現在でもモダンかつ、佇まいからして何か感じるものがあります(笑)繊細な造りではありません。荒々しい彫刻像、オブジェのような佇まい。故山中敬三氏がMark Levinson No.20.6LやNo.26SL、STUDERなどで聴かれていたと思います。

ユニットですが、150-4Hはとても良いユニットです。150-4Cの現代版と言われていますが、実際はK145やE145と似ています。非常に厚いフレーム。コーン紙の質感はD130系ではなくE145系でしょうか。

左奥からD130、150-4C、150-4H

JBL DD55000の能率は100dBあります。実測は若干下がるかもしれませんが、高能率です。ウーファー位置も良く床面の影響を受けないポジション。内部とバッフルから平行面はごくわずか。キャビネット重量の多くはこのウーファーを受け止めるために造られていると言っても良い構造です。最新のフラグシップ機キャビネットと造りや材質はちがいます。オールドスタイルですがコストがかかったものです。ワイドが90cm奥行き50cmはJBL OLYMPUS S8Rより面積をとらず意外と扱いやすい大型スピーカーです。


JBL DD55000のサウンド!

JBL dd55000の上から断面図

左図はDD55000の上からの断面図です。ドライバーは2425でネットワークには位相整合回路が入っているはずです。

ユニット構成はその昔からJBLでは高能率15インチウーファーと1インチスロートドライバーの組み合わせは定石でした。1950年代のHartsfieldやパラゴンでは2インチスロートドライバー+15インチウーファーの場合、ウーファーにはホーンロードをかけられ能率を上げていました。そういう意味ではDD55000はジム・ランの定石と言えます。特徴あるホーンはJBL2346というバイラジアルホーンで元々は天井SR用です。なので指向性が広いコンセプトがあります。DD55000の独特な臨場感もこの辺りに秘密がありますね。ただし、この広さが良い時と難しい場面もあります。ですが、本来のDD55000はグルーヴ感とLIVE感が出るジムランサウンドになるはずです!


久しぶりに鳴らすJBL DD55000は楽しみです。どんなアンプがいいか、どれだけのワイドを確保するか?6メートルか、3メートルか…….いろいろ妄想中♪この辺は皆さまと変わらないかもしれません。商品ですので販売もしますし、鳴らし方の秘策も取り組みます!

JBL DD55000 販売ページ ⇒


旧カフェANNEXルーム、東京を離れて。

2月からJBL HartsfieldとDD55000、JBL OLYMPUS S8RがAudio Dripper TOKYOのVintageサロンでお聴き頂けます。日本橋試聴室はホーン型(ALTEC A5 1505Bを予定)となりますが、ゆったり寛げる様じ什器を搬入中!また2月中旬から東京郊外の旧カフェでVITAVOX CN191など数セットをセットします。音量はほどほどとなるかもしれませんが、ご興味がある方はご案内します。


JBL DD55000 仕様


 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット 低域用:38cmコーン型(150-4H)
中域用:ホーン型(2425H+2346-1)
高域用:ホーン型(2405H)
インピーダンス 8Ω
音圧レベル 100dB SPL(1W/1m)
許容入力 250W
クロスオーバー周波数 850Hz(12dB/oct)、7.5kHz(12dB/oct)
外形寸法 幅920×高さ1,410×奥行510mm
重量 145kg(実質120Kg程)


 

シェアする