SPECTRAL DMA150 整備状況

SPECTRAL DMA150 整備状況

アメリカからICなど不具合が予想される部品を取り寄せ中です。リレーの切り替え動作が不安定でRCAから音が出たり出なかったりする場合があります。XLRの動作状況も怪しいため下記の整備【セミオーバーホール】を行っています。音楽信号経路を重点的に診ております。

SPECTRAL_内部全体写真
SPECTRAL_内部のここのプロテクター基板を取り外してメンテいたします
SPECTRAL_内部のここのプロテクター基板の取り外したパーツの写真 (1)
SPECTRAL_内部のここのプロテクター基板の作業中写真
SPECTRAL_内部のここのプロテクター基板のリレーの接点を磨きこみます
SPECTRAL_入力ボード内のリードリレーにXLR_スイッチにした時に左側に5Vの電圧が来ておりません_ここが原因と思われます。
SPECTRAL_入力ボードを取り外します
SPECTRAL_のDCもれを見ますと、スピーカー端子にかなりのDCが出ております
SPECTRAL_のDCバランス調整中写真
SPECTRAL_のDCバランス調整後の写真4mV.3mVとOKです

アメリカからICなど不具合が予想される部品を取り寄せ中です。しばらくお時間を頂ければ幸いです。


2017.2.14 測定状況 RCA入力(NORMALポジション)

SPECTRAL  DMA150 RCA入力、インピーダンス8Ω負荷時10V=12.5W出力時のスペック【左右CH】
SPECTRAL DMA150 RCA入力時、SN比。【左右CH】
SPECTRAL DMA150 RCA入力時、歪率、左右共に0.009%代と優秀な成績です。

現在のRCA入力時の計測状況です。現在、XLR入力時の左CHにノイズが入ります。


2017.2.21  XLRインプットのゲイン差を調べるため、電源部コンデンサー等を計測しました。電源部コンデンサーは片CHで容量不足があります。オーディオボードのコンデンサーも交換する必要があります。SPECTRALの部品ランクが低いため交換する場合、精度ランクを上げる予定です。現状は修理となります。

SPECTRALDMA-150 分解中写真
SPECTRAL DMA-150 分解中写真
SPECTRAL DMA-150 写真列のコンデンサーを新品に交換。(純正コンデンサーの6倍程のオーディオグレード:スペクトラル最上級機に搭載部品)
SPECTRAL DMA-150 XLR出力の弱い方のコンデンサーは、測定不可
SPECTRAL DMA-150 XLR出力の弱い方のコンデンサーの2個目も測定不可

現段階でフルレストアに近い状態でないと修理不可となりますので、電源部電解コンデンサーをUSAから取り寄せしています。日本へ輸入されるタイミングが遅くなるため、3月中旬までお待ち頂く事になります。


2017.3.21

調整箇所が多数ありまだ調整に時間がかかっている状況です。

SPECTRALの大きな古い電解コンデンサーと不良原因と思われる温度センサー(3個ついています)
SPECTRALの調整中 2時間程 調整作業をしても調整しきれない状況

上記で不良が見つかったトランジスタの温度を管理するセンサーを輸入中です。3月末にきますので4月にずれ込みます。


2017.3.29

左CHトランジスタで出力確保できないものがありましたので、左右CHを同一ロットのものへ交換する予定です。


2017.4.13

FETトランジスタを全交換するためパーツが到着しました。オーディオボードにはDMAシリーズの高級機に使用されるコンデンサーをを搭載しました。

SPECTRAL用。輸入したパワーFETのIDSSを測定中。ペア組みに必要な作業となります。
取付中です。金色のコンデンサーがカップリング系のUPグレード版。小型ヒートシンク部にFET取付

トランジスタのマッチドによる全交換、電源部コンデンサー全交換、オーディオボードのレストア……ほぼフルレストアしたDMA150ですが、まだおかしい部分があります。
回路と部品を徹底的にアナライズしましたところ、設計時かパーツ選択時にミスがあった可能性があります。電圧計で計った数値がどうしてもおかしいため本国サービスで調べたところこの件が小さく記載されていました。

現在、NG部分だろうと考えられる部品を輸入しています。ひじょうにお時間がかかり申し訳ございません。

シェアする