Accuphase C-3800プリアンプ 【買取】

Accuphase C-3800 アキュフェーズ・プリアンプ

アキュフェーズ、40周年記念モデルC-3800は、

不気味な程の静寂力を秘めていた。


 Accuphase・アキュフェーズと言えば、オーディオファンなら誰もが認める国産ピュアオーディオメーカーの代表格です。

近年のアキュフェーズのハイエンド・モデルは海外勢と比べても個性と品格のある音がバランスし、安定した人気がございます。

海外製からアキュフェーズへと変更されるオーディオマニアの方も多いと聞きます。

それはC-3800から発売された頃からではないでしょうか。現在はC3850となっています。


C-3800の圧倒的な情報量と音楽性の高きバランス。

2010年発売当時はConstellation audioやDan D’Agostino、darTZeel等の新勢力や円熟期を迎えたMarklevinsonやVIOLA、JEFF ROWLAND D.Gのフラッグシップ・クラスのコントロールアンプと同等以上の評価を得ました。2011年に発売されたDP-900、DC-901と組み合わせでは更に驚嘆に値する情報量は圧倒的でした。そして2012年に登場したパワーアンプのA-200まで一貫してAccuphaseで統一したその音はハイエンドスピーカーはもちろんのことビンテージスピーカーでもAccuphaseの音楽再生にかける執念を感じさせるに充分な底力がありました。

Exclusive2402やJBLといったホーンスピーカーから静けさを伴った品格ある音を聴くことができました。Wilson Audio system8やB&W800Dではさらに不気味な静寂さと深く広い音場の緻密さは現実離れしたものです。
アキュフェーズは無個性で面白みがない音と揶揄する方も考えさせらるだけの説得力がございました。

新しい概念で理想のボリュームへ。

C-3800のボリュームは、アキュフェーズが開発したBalanced AAVA方式でが完全バランスでボリューム位置による音の変化(ゲインによる変化)がほぼありません。音楽信号はアンプ回路に直接入力され、変換される仕組となりますので、可変抵抗で電圧調整を行わないためゲイン変化によるインピーダンスの変化もなく、ノイズの影響を受けない画期的な方式ということです。またC-3800はAAVAを2回路平衡となり入口から出口まで完全なバランス回路です。この結果高いS/N比と浮かび上がるチャンネルセパレーションを実現したと言えます。

 

C3800 コンストラクション

さらにカタログによれば、電流源をも完全バランスで構成するため、+入力/-入力に16種類ものアンプを配置、さらに上位2bitの『V-I変換アンプ』は、パラレル構成にして合計36個としたそうです。ゲインによる音の変化や音像の大きさ、サウンドステージの深さ等は名機と呼ばれるプリでもございます。日本(アキュフェーズ)の技術力の執念のたまものですね。このC3800の重量は24.8kgとなりました。

 

【アキュフェーズ製品全般 メモ】

・アキュフェーズ製品を購入されたら元箱や付属品はすべて保存されてください。特にアキュフェーズ製品は当社に限らず高価の査定になります。メーカーの修理受付期間も長いので修理の際も重宝します。大型の重量級パワーアンプの場合は箱に入れやすいように2方向から持ち上げる付属品がありますので捨てないでください。


Accuphase買取御見積価格(下記は買取上限ではございません、買取の最低保証価格です)

●アキュフェーズ プリ・コントロール アンプ

Accuphase C-3800 685,000円以上~

Accuphase C-2820 530,000円以上~

Accuphase C-2810 465,000円以上~

 

※元箱・付属品有(付属品がない場合でも買取価格は大きくは下がりません)

 

●ステレオ,モノラル・パワー アンプ

Accuphase A-200(モノラル・パワーアンプ ペア) 850,000円以上~

Accuphase A-45(A級パワーアンプ)   240,000円以上~

Accuphase A-50V(A級動作パワー) 300,000円以上~

Accuphase A-60 (A級パワーアンプ)300,000円以上~

Accuphase P-700 210,000円以上~

※元箱・付属品有(付属品がない場合でも買取価格は大きくは下がりません)

現在、国内最高の買取価格となります。他機種も同様の買取レートです。


最新の買取保証価格等はお問い合わせください

買取りお見積り・査定フォームはこちら

下取りお見積り・査定フォームはこちら

お電話でお問い合わせ   03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事がございます

メールでお問い合わせ info@kaitori-audiodripper.jp


国産アンプを飛躍させた、Accuphase A-100 純A級モノラルパワーアンプ

  日本のパワーアンプを一変させたAccuphase A-100

Accuphase A-100 カタログ写真

90年代のアキュフェーズ幕開けのA級モノラルパワーアンプ

アキュフェーズのパワーアンプの音質が変わり始めたと思わせたモデルがA100からではないでしょうか。

それまでのアキュフェーズのアンプは生真面目な音で信頼性があるものでした。

80年代初頭から続々と登場してきた海外の個性的なパワーアンプから変更すると、

少し物足りないと感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

 

日本を代表するオーディオメーカーの意地と夢

A-100を開発するにあたりアキュフェーズが掲げた目標は、

「再生音楽の理想を求める」というものでした。

筐体は空冷ヒートシンクを剥き出しにしたもので、当時のアキュフェーズでは大胆な構造です。

作りは丁寧で服や手をひっかけたりしない造りです。

出力段はMOS FET素子の10パラレルPP駆動を2台の完全バランス方式で8Ω負荷時の出力は100Wです。

インピーダンス負荷に応じてリニアにパワーが増幅し、2Ω負荷時で400Wを保証しました。

 

スピーカーを問わずその実力を一定以上にひきだす懐の深さ

心臓部でもある電源トランスは厚いアルミ製ケースに入ったトロイダルトランスです。

ケース内は充填材を入れたもので他パーツへの影響を少なくする配慮が施されています。

コンデンサーもケース内に格納するこだわりの造り。

筐体構造も分厚いアルミ製のものでヒートシンクも構造とするリジットな造りです。

 

A-100発売当時はJBLなどの大型マルチウェイスピーカーや静電型スピーカーなどの

急激なインピーダンスカーブをものともしない駆動力は圧巻でした。

 KrellやJeff、マークレビンソンなどのアメリカハイエンドと同じ土俵に上がったモデルの先駆。

 

 

躍動感と静寂

フルバランス純A級パワー、モノラルパワー、音楽パワー

JBLやタンノイのスピーカーを繋いで音を出した時、これまでのアキュフェーズのアンプよりも

能動的で躍動感がありながら独特な繊細な表現も溶け込んでいました。

アキュフェーズに限らずこれまでの日本のパワーアンプの多くが音質の傾向として、

清潔感ある音で音色も淡色だったり、端麗な傾向があたっと思います。

音楽の動的な表現においても淡白な傾向がありました。

アキュフェーズのA-100は当時の国産パワーアンプの中では楽器の微妙な色彩感や演奏者の躍動感、

繊細さも両立した数少ないパワーアンプでした。

 

最近のアキュフェーズはデザインも洗練されてきまして、機器としての魅力も

海外オーディオ機器にも見劣りしない修練度が感じられようになりました。

    


発売後時間は経過しておりますが、現在でも人気のあるパワーアンプです。

アキュフェーズのパワー、プリアンプ、CDプレーヤーは中古・新古を問わず高価買取! 

プリアンプ C-290 , C-245 , C-280V , C-2810 , C-270シリーズ , C-290シリーズ

パワーアンプ A-50 ,  A-65 , P-700 ,  

SACD,CDプレーヤー DP-550 , DP-500 , DP-400 

プリメインアンプ E-306 , E-305 , E-305V , E-405シリーズ 


 お電話でのお問い合わせ  03-5809-3401(13:00~20:30)買取外出している事がございます

メールでのお問い合わせ info@kaitori-audiodripper.jp 

お問い合わせフォーム  買取お問い合わせフォーム