cello AUDIO PALETTE MIV&cello AUDIO PALETTE

cello AUDIO PALETTE used kaitori

cello AUDIO PALETTEを2台 買取~整備~販売中

チェロ社デビュープロダクトのマルチインプットヴァージョン「パレットMIV」

cello AUDIO PALETTE MIVの状態

夏休み前後に買取・入荷したcello AUDIO PALETTE MIVとcello AUDIO PALETTE他。現在整備が上がった個体がcello AUDIO PALETTE MIV。こちら昨年、神奈川県の整備会社でコンデンサー類や電源部のブロックコンデンサーが交換されていた個体でしたが喫煙環境でご使用されていたため徹底的なクリーニングを行いました。

cello AUDIO PALETTE MIV&cello AUDIO PALETTE
【中古チェロパレット】cello AUDIO PALETTE MIV&cello AUDIO PALETTE
cello AUDIO PALETTE MIVのリアパネル:入出力端子にRCAが標準であります。
cello AUDIO PALETTE MIVのリアパネル:入出力端子にRCAが標準であります。

パレットMIVはcello AUDIO PALETTEの1系統だけの入出力を通常のプリアンプのように発展させたバージョンです。パワーアンプへのアウトプットもRCA端子からの出力が可能です。

cello メインボリュームの片CH部
cello メインボリュームの片CH部

現在の状態は固定抵抗切換式のメインボリュームとイコライザー部の7ボリュームを分解整備&組上げ、調整&測定を行いました。上の写真はメインボリュームの片CH側の固定抵抗切換パネルです。同じ物が2枚あります。パターンを特殊なレバーが接点してゲインが変わっていきます。組上げの際にも2枚丁度いい負荷をかけて組み上げます。

マスターパワーサプライも付属
マスターパワーサプライや取扱説明書も付属

 

cello AUDIO PALETTE MIVのサウンドレビュー

整備から仕上がって来たサウンドはノイズやガリがなく素晴らしいS/Nを保持したcello AUDIO PALETTE MIVです。電源部に2個あるブロックコンデンサーも交換からわずかですのでパワフル。電源部だけでもA級50Wクラスのシングルプッシュぐらいのパワーが出るのではと思います。

当時の最終定価¥4,800,000.は納得のサウンド&世界観をシステム全体に浸透させます。どんな部屋でもリッチなエア感とハイデフィニッション。特に中低域から低域のコントロール、25kHzのハイのコントロールは効果があります。

cello AUDIO PALETTE MIV
cello ENCORE 1MΩ L2 ラインプリアンプ
cello ENCORE 1MΩ L2 ラインプリアンプ

他にはcello AUDIO PALETTEも買取入荷していますが全体チェックと整備を予定しています。

cello ENCORE 1MΩ L2 ラインプリアンプ
cello ENCORE 1MΩ L2 ラインプリアンプ
cello ENCORE 1MΩ L2 ラインプリアンプ
cello ENCORE 1MΩ L2 ラインプリアンプ

また同時にcello ENCORE 1MΩ L2も買取入荷しています。状態はとても良くメイン基板の状態や電子部品の状態も良好な個体です。

cello社のプロダクトは製造から年数がたちますので、買取した約8割の個体は修理・整備・オーバーホールを行います。


cello AUDIO PALETTEやcello AUDIO SUITE、cello ENCORE、cello AUDIO PERFORMANCEなどの買取価格⇒

例えばcello Performance|パフォーマンス・パワーアンプは¥1,200,000.から買い取ります。

cello AUDIO PALETTE|パレットは¥1,250,000から買い取ります。

cello AUDIO SUITE|スイート Master Power Supply 込みで¥1,300,000.からCD,AUX,PHONO,P301など(モジュールにより変わります)

cello ENCORE シリーズのプリアンプとパワーアンプ
cello ENCORE シリーズのプリアンプとパワーアンプ

cello AUDIO PALETTEやcello ENCORE 1MΩ Lの販売はAudio Dripper TOKYO⇒

現在、東京柳橋店で展示中です。ご試聴はご予約制となります。スピーカーはDD660000や小型ブックシフェルフはB&Wなどとなります。

cello ENCORE アンプシリーズ

cello ENCORE【チェロアンコール】 アンプシリーズ買取

cello ENCORE 1MΩプリアンプと

cello ENCORE パワーアンプの

買取~整備~販売

cello ENCORE シリーズのプリアンプとパワーアンプ
【中古チェロ・プリアンプ&パワーアンプ】cello ENCORE シリーズのプリアンプとパワーアンプ

買取りさせて頂いたcello ENCORE 1MΩ(アンコール)プリアンプの状況

今回買取させて頂いたcello ENCORE(チェロ・アンコール)1ΩはPHONO付きの初期版で、充実した本体基板回路と電源部もEIコアトランスやチョークコイルを用いたこだわりの電源部です。買取時には固定抵抗切替式のボリュームに若干のガリがあり、劣化電解コンデンサーが十数個ある状態でした。また本体電源部3500μのブロックコンデンサーも要交換。

cello ENCORE 1MΩの固定抵抗切替式VRの分解
cello ENCORE 1MΩの固定抵抗切替式VRの分解

本体内部にも下記のような劣化電解コンデンサーが十数個ある状態でした。これら劣化電解コンデンサーは底が膨らみ破裂までわずかな状態。このコンデンサーは多くのcello製品に使われています。cello AUDIO SUITEにもcello AUDIO PALETTEの基板にも。過去に扱ったcelloのアンプのほとんどは下記同様の状態です。オリジナル部品云々以前に危ない状況。サウンドは当然ながら純正からはずれミッドレンジが薄い俗にいう『チェロの音』。本当はもっと艶やかで厚く、押し出しもあります。

cello ENCORE 1MΩ  PNONOの劣化コンデンサーの一部

cello ENCORE 1MΩ PNONOの劣化コンデンサーの一部(1989年製の電解コンデンサー)

 

下記は整備中の写真ですがとても綺麗な状態です。NGとなる劣化部品はコンデンサー含めリレーなども交換していきます。

cello ENCORE 1MΩの整備中写真
cello ENCORE 1MΩの整備中写真

製造から30年近く経つ個体としてはまずまずです。傷が多く基板損傷が激しい個体は買い取りませんので次にご購入される方も安心だと思います。

整備が終わり各部全ての動作点検、スペック点検、音出しテストは約5日間です。現在は密度感が高いcello ENCORE 1MΩ初期ならではのサウンドだと思います。この時代のEIコアトランス&チョークコイルインプット式電源は多少唸りますが音楽のじゃまにはなりません。

下記はcello ENCORE 1MΩ初期の取扱説明書のフォノ抵抗のセットアップ資料です。

cello ENCORE 1MΩ初期の取扱説明書とPHONO設定シート
cello ENCORE 1MΩ初期の取扱説明書とPHONO設定シート

 

買取りさせて頂いたcello ENCORE(アンコール) パワーアンプの状態。

cello ENCORE パワーアンプ
cello ENCORE パワーアンプ

cello ENCORE(チェロ・アンコール)初期パワーアンプは基本的にはモノラルパワーアンプで天板とフロントパネルのみ共通で他は完全セパレートです。cello ENCORE パワー初期からcello ENCORE mono 3まで基本構造は変わりません。

cello ENCORE パワー(電源供給は左右CH2本必要です)
cello ENCORE パワー(電源供給は左右CH2本必要です)
cello ENCORE パワー整備中
cello ENCOREcell(アンコール) パワー整備中

上記を見てもわかるかもしれませんが、出力トランジスタは片CHで2個だけのシングルプッシュです。筐体がヒートシンクになっている事もわかりますね。ですので夏場などは筐体へ程よく冷却ファン充てることは有効です。

筐体を分解すると完全モノラルのパワーアンプをくっつけたという事がわかります。MONO版とのちがいはフィッシャー入力端子がブリッジ仕様のように配線をパラしていない事です。些細な事かもしれませんが入力部の数並列数は音質にも関係してきます。

下記は電源部の8200μブロックコンデンサー(左右4個)は劣化していますので4本とも交換しています。

ちなみにチェロアンコールパワー1台で20畳程のリビング想定の試聴室のJBL DD66000を驚くほどかなり鳴らします。部屋が飽和するほどの音量でも音を上げない小さな巨人?かもしれません。

cello ENCORE アンプシリーズ
cello ENCORE アンプシリーズ

cello ENCORE シリーズのプリアンプとパワーアンプ

cello ENCORE 1MΩはガリが出ていもご相談ください。綺麗な状態のチェロアンプすべて国内トップの買取価格でご査定します。リファレンスシリーズのcello AUDIO SUITE、cello AUDIO PALETTEやcello AUDIO PERFORMANCEも日本一の買取価格です。

今回入荷した中古チェロ アンプの販売情報はこちら⇒

ハイエンドオーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)

 

ORACLE CD2000 MK4 CD Transportとcello R-DAC Reference DAC

買取した,cello R-DAC Reference DAコンバーター

買取したcello R-DAC Reference

DAコンバーター

チフェロのレコーディングシステム用に設計された厚く典雅なヴィンテージDACサウンド!

【中古チェロDAC】cello R-DAC Reference DAC
【中古チェロDAC】cello R-DAC Reference DAC

【中古チェロDAコンバーター】cello R-DAC Reference DACの魅力

チェロのアンプシリーズから数年後にデビューしたR-DAC。元々APPOGEE社のDACをラインナップしてました。R-DACになりチェロらしい充実のアナログ出力回路へと変化。なんと言ってもcello AUDIO SUITEのp301のアウトプット出力モジュールと同様の回路が装備され、その成果がサウンドの魅力。

cello R-DAC Reference DACの回路
cello R-DAC Reference DACの回路

cello AUDIO SUITEのP301モジュールと同様の回路

出力モジュールは左右CH回路の相互影響をなくす単独基板によるディスクリート回路構成です。左右でチャンネルで2つのモジュールを使用。これによりバランス回路アンプと同様の位相管理を行いフィッシャー出力端子へ接続されます。出力ゲインは後面の可変ボリュームで調整できます。

フィッシャー出力がおすすめのcello R-DAC。cello R-DAC Reference DAC
フィッシャー出力がおすすめのcello R-DAC

入出力系統も充実しています。アナログ出力: XLRバランス、フィッシャーバランス、RCAアンバランス
デジタル入力: 6系統、AES/EBU:XLR 4系統、SPDIF:RCA 2系統

cello R-DAC Reference DAC
cello R-DAC Reference DAC

今回入荷したチェロR-DACは元箱カートンなどが付属した個体。取扱説明書(日本語・英語)が付属します。

cello R-DAC Reference DACの元箱
cello R-DAC Reference DACの元箱

現在ORACLE CD2000 MK4 CD Transport(入荷予定)と組み合わせしてご視聴可能です。実際にSTUDER CDプレーヤーやCHORD BluなどのCDトランスポートともセットしご視聴可能です。

cello R-DAC Reference DAC簡易レビュー

cello R-DACの特徴は音楽の躍動感や熱さを巧く伝えてくれるDAコンバーターかと思います。現代のDACとは一味も二味も異なるDAC。

中古ORACLE CD2000 MK4 CD Transport&cello R-DAC Reference DAC
中古ORACLE CD2000 MK4 CD Transport&cello R-DAC Reference DAC

今回はORACLE CD2000 MK4 CD TransportとSTUDER D730MK2との組み合わせが非常に良かったです。STUDER D730MK2はドライブメカ本体のレストアもしてあるため有利ではあります。
またKRELL MD2 CDトランスポートの安定感も一聴。Chord Bluも気軽に使えるCDトランスポートです。

ORACLE CD2000 MK4 CD Transportとcello R-DAC Reference DAC
ORACLE CD2000 MK4 CD Transportとcello R-DAC Reference DAC

cello R-DAC Reference DAC概要

入力サンプリング周波数: 48kHz、44.1kHz、32kHz
方式: 20ビット8倍オーバーサンプリング
アナログ出力: 3系統(+20dBuバランス、+14dBuアンバランス、レベル調整可能)
XLRバランス:1系統
フィッシャーバランス:1系統
RCAアンバランス:1系統
デジタル入力: 6系統、AES/EBU:XLR 4系統、SPDIF:RCA 2系統


今回のcello R-DAC の買取価格 500,000円

元箱や付属品、状態が良かったため上記買取価格となりました。通常は45万円~ほどからです。


cello R-DAC Reference DAC ハイエンドオーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)

 

 

お電話でのお問い合わせ   03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事がございます

メールでのお問い合わせ info@kaitori-audiodripper.jp