LINN KLIMAX SOLO-DとLINN KLIMAX KONTROL/SEのモノラル再生!

LINN KLIMAX SOLO/dps | 中古パワーアンプの買取

【中古パワーアンプ買取】LINN KLIMAX SOLO/d  UP Grade|リン・クライマックス・ソロ(ダイナミックパワーサプライ版)

買取入荷したLINN KLIMAX SOLO-D
買取入荷したLINN KLIMAX SOLO-D

LINN KLIMAX SOLO/d の強力なスピーカードライブ能力。

今回買取入荷したLINN KLIMAX SOLO/dはダイナミック・パワーサプライのUPグレードを受けた個体です。例えばJBL DD66000のような38㎝ウーファーをダブルで搭載したスピーカーは大きな逆起電流を起こしたり、強力なダンピングファクターをパワーアンプに求めます。ですので、駆動力のない中古パワーアンプだと各ユニットがバラバラに鳴りますので重いウーファーは遅れて聴こえトゥイーターだけが先に耳に届くイメージです。スピーカー振動板位置がちがい位相が崩れて聴こえる感じでしょうか。実際には各ユニットをビシバシと駆動できていないためです。

LINN KLIMAX SOLO-Dの裏面シリアルナンバー、UPグレードナンバーなどの確認
LINN KLIMAX SOLO-Dの裏面シリアルナンバー、UPグレードナンバーなどの確認

LINN KLIMAX SOLO/dpsではすべてのユニットから出る音の速度が揃って聴こえます。これはおそらくダイナミックパワーサプライの大きな目的だったと思われます。LINNのフラグシップスピーカーは多数のスピーカーユニットから構成されていましたので複雑なネットワークの「抵抗」すら駆動するパワーが必要だったのでしょう。

LINN KLIMAX SOLO-Dアップグレード版の買取
LINN KLIMAX SOLO-Dアップグレード版の買取

LINN KLIMAXのセットにLINNのシルバーケーブルでセットアップするとサウンドがまとまります。LINN KLIMAX SOLO/d ver.UPが入る事で数ランクアップしたサウンドへ!さらにLINN KLIMAX KONTROL/SE.dプリアンプをモノラル仕様にする事でスケール感や余裕度がアップします。

得意な音楽ソースという偏ったところはありませんが、強いて言えば録音~マスタリングの差を明示してしまいますのできちんとつくり込んだ作品を聴かれてください。恐ろしく制作者側の仕事を評価してしまう事にもなります。ダサいプロダクトはダサいまま。ECMの2017年頃からのステファノ・アメリオなどのプロダクトは素晴らしいスケール感と緻密なサウンドスケープとなります。

 

LINN KLIMAX SOLO/dの個体について

筐体外観の状態は打痕などはありません。汚れや小傷があります。裏面にはUPグレードのシリアル番号があります。動作状態も良く高いS/Nも確保。左右の個体差もほぼありません。元箱はなくLINNのシルバーケーブルや取扱説明書が付属していました。

LINN KLIMAX SOLO-DとLINN KLIMAX KONTROL dps.ver.up Dynamic power
LINN KLIMAX SOLO-DとLINN KLIMAX KONTROL dps.ver.up Dynamic power
状態の良い、綺麗に使われていたLINN KLIMAX SOLO-D
状態の良い、綺麗に使われていたLINN KLIMAX SOLO-D

今回のLINN KLIMAX SOLO/dの買取価格

今回のLINN KLIMAX SOLO/d Ver.UP版の買取価格は82万円です。LINN KLIMAX SOLO/dであれば90万円の買取価格です。元箱や2016年以降の個体なら95万円程のご査定となります(2019年5月時点)

入荷時、使用の通常動作テスト6時間行います。
入荷時、使用の通常動作テスト3時間を2回合計6時間行います。

入荷時の動作テストは3時間を2セットと翌日に6時間行います。この間に不具合や内部電子パーツの破損があった場合は修理・整備し販売となります。

買取したLINN KLIMAX SOLO-Dの付属品
買取したLINN KLIMAX SOLO-Dの付属品

LINN KLIMAX SOLO/d 概要

形式:ソロ(モノラル)パワーアンプ
最大出力:650W(4Ω) 380W(8Ω)
最大消費電力:900W
標準消費電力:39W
スタンバイ時消費電力:3W以下
再生周波数帯域:2Hz~60kHz
最大出力電圧:70V
入力端子:XLRバランス1系統、RCAアンバランス 1系統
出力端子:RCAアンバランス スルー出力端子、バナナプラグ対応バインディングポスト 1対
入力インピーダンス:7.6kΩ
サイズ:W350mm x D355mm x H60mm
重量:9kg

 

LINN DPS ダイナミックパワーサプライについて

DPSはパワーアンプをドライブする「電源」のパワーを上げます。これまでの電源のパワーを50%アップさせ、膨大な電源供給能力を誇るUPグレードです。 スピーカー駆動力は30%のアップとなります。さらに音楽信号に添って電源を瞬時に供給できるよう高速化や反応の速さ、ユニットの制御力もアップ。さらに静粛性(S/N)を6dBも改善しました。


ハイエンド中古オーディオ買取フォーム

買取り希望オーディオ ブランド名・型番・アピールなど
 
美品動作品故障

 

お名前  

メールアドレス(必須となります)

 


LINN KLIMAX SOLO/d ver.UP版のご視聴

LINN Klimax Kontrol SE&kontrol2台、Klimax SOLO

LINN KLIMAX SOLO/dはJBL DD66000やMark Levinson、celloなどのシステムと比較視聴しながら選べます。プリアンプはLINN KLIMAX KONTROL dps.ver.up Dynamic powerや初期バージョンなど3台のLINN KLIMAX KONTROLと組み合わせてご視聴が可能です。

LINN KLIMAX SOLO/dの販売・ご視聴⇒

LINN KLIMAX SOLO-DとLINN KLIMAX KONTROL/SEのモノラル再生!
LINN KLIMAX SOLO-DとLINN KLIMAX KONTROL/SEのモノラル再生!

お電話でのお問い合わせ   03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事がございます

メールでのお問い合わせ info@kaitori-audiodripper.jp

Music for Life STUDER A730,LINN CD12 【レビュー&買取】

Music for Life Studer&LINN

STUDER A730 , LINN SONDEK CD12レビュー


 「Music for Life」はLINNの製品哲学ですが、 本来はすべてのオーディオ機器に当てはまる事が理想かもしれません。
音の質を気にせずいつも最上の状態で音楽が聴ければ最高です。

とは言え「Audio for Life」も楽しいもので、音だけを聴く事も間違いではありません。
趣味ですからどんな楽しみ方でも、音でも気にする事はありません。我が道を行けばいいのです。

買取・販売オーディオLINN CD12とSTUDER A730の比較視聴。整備・フルレストア品
LINN CD12 STUDER A730

LINN社の哲学の後には「LINNはLINNとして完結し、深化する」と続きます。それだけでにしておくのは惜しい製品がいくつもあります。アナログプレイヤーのLP12やCDプレイヤーのSONDEK CD12、Klimax DS等は他システムの中でも充分に魅力的です。

先週からCD12後期とレストアSTUDER A730を聴き比べたお客さまが2組おられました。いずれの方も両機種にはクオリティの差はなく、音色のちがいがあることを指摘されました。音楽ジャンルで分けることは乱暴ですがCD12はクラシックやボーカルが極めて得意なプレイヤーという事をおっしゃっている方もいました。CD12は24bitモデルで繊細さや滑らかさ、自然な立体感等が際立ちます。

FM アコースティックス・ケーブル
FM アコースティックス・ケーブル(プレゼント頂き誠に感謝です!)

LINN CD12とSTUDER A730の理想的な2セット体制

またレストアA730と通常整備品、通常中古品(入荷のみ)の3台のA730を比較されたオーディオ業界のプロの方は瞬時に各A730の状態(音のちがい)を言い当てられていました。やはりエネルギー感やフォカース精度や分解能にちがいが出てきます。太い音だけがA730の音ではありません。ナローレンジなわけでもありません。短期間に10台以上のA730を聴きましたが10台とも音が違います。

CD12の試聴でお客さまが持ち込まれたFMアコースティックスのケーブル(総額200万円)は価格も高価ですが、音楽IQも高く、表現が老練でいてフレッシュでエネルギッシュという相反する性質を併せもったケーブル。後日このケーブルはお客さまからのプレゼントでAudio Dripperのリファレンス・ケーブルにさせて頂きました。2組も頂きありがとうございました!

LINN CD12とSTUDER A730

クラシックからジャズ、ボーカル、J.POPまで聴かれる方はCD12後期とA730があれば、相当に充実した「Music for Life」が過ごせそうです。CD12に関しては次回入荷があった際はボード交換なしでどこまで整備が可能か研究してみたいと思います。何もしないで良い事が一番です。

現在、A730はフルレストア品から通常入荷品など各種在庫を5台以上を取り揃えています。D730(整備後お渡し)等も2台在庫中です。LINN CD12は初期型45万~後期型CD12は60万円から買取させて頂きます。

プロ用STUDER A730_D730在庫中
STUDER A730_D730在庫中
6月28日現在、CD12,上記A730は売約とご商談となりました。

フル整備したA727でトラブル!

フル整備したA727の2台の納品でローディングトラブルが出ました。一台はお客さまに1時間ほど試聴頂き輸送しました。試聴前の2日間は音出しをして各部の動作チェックも行い、輸送はメカ固定ネジで止めていましたが、メカの機械部分のズレが原因ではないかと推測しています。お戻し頂き原因を追究し、調整させて頂きます。もう一台も最終チェックをして出荷しました。未整備のD730でも輸送トラブルがあり、箱や梱包材は問題がないとの事でしたのでこちらも原因を調べます。こうしたケースの場合は、ご返金か通常動作するまで整備修理をご選択頂きます。

6月30日現在 両機とも再整備が完了しました。

1台は集積回路のデータ壊れがあったため、ストック品A727のLSIと交換しました。もう1台はCDM1の制御基盤からのソケット緩みがあり、輸送時に外れていたため固定いたしました。2,3日動作確認後、7月初旬に納品させて頂きます。

STUDER A730・D730・D730Mk2 Parallel Stand (Wood color ver.)  Parallel Stand 詳細ページ ⇒

Parallel Standはスタジオコンソール仕様となります。A730に関しては放熱量キャパシティが少ないため放熱効果は重要。メーカー対策としてD730からリアパネルにヒートシンクが付きました。スイングアーム動作、軸偏心に効果があります。パネル内部とウッドフレーム内部で支持する仕様。色はマットなブラックなどの仕上げも可能です。STUDER A730/D730/D730MK2用 AC電源、XLR,RCA端子は干渉しません。

STUDER A730・D730 Parallel Stand(平行台
STUDER A730・D730 Parallel Stand(平行台)

スタジオでは卓上で平行置きですが内部には広い空間がありますので、深刻ではありませんが、コンシューマ用でピッタリとした箱中に入れている場合、電源部(レギュレーターやトランスなど内部部品)に大きな負担がかかります。


2016年9月19日現在 
STUDER A730  おかげ様で在庫が数台のみとなりましたので買取ご希望の方はどうぞよろしくお願いいたします!動作不良でもCDM3メカの完全分解OHで甦らせます。

LINN CD12 買取させてください、何卒よろしくお願いいたします!

Linn SONDEK CD-12 すべては音楽のために 【レビュー&買取】

Linn SONDEK CD-12 デジタル領域の時間軸へ切り込んだプレーヤー

2017年1月初旬 LINN CD12 ドライブメカ交換整備 入荷 お客様からご案内させて頂きます。

 希少なCD12 2009年 24BITモデル・整備品【中古】が入荷中です⇒ 


 

LINN CD12とKlimaxプリ
SONDEK CD12&aLINN KLIMAX Kontrol SE/d

英国LINNではLP12の他に「SONDEK」の名前が与えられた唯一のCDプレーヤーがCD-12です。

1998年、創立25周年を迎えたLinnから発売された当時はSTUDERのスタジオ機やワディアなどの

CDプレーヤーがハイエンド機として定着していた当時に発売されました。

 

侘と寂の新境地、Linn SONDEK CD12。

CD12は現在でも美しいデザインで無駄を排したシンプルでミニマルなプロダクトです。

トレイ動作のスムーズさやアルミ削り出しの筐体など品質の高さなども話題を呼びましたが、

やはりその性能、音楽性には驚きを覚えるプレーヤーでした。

これまでの好評だったプロ機やワディアなどとは、異なる音楽性でデジタル・ディスクの可能性を

高めたと言ってもいいでしょう。

これまでのCDプレーヤーも音楽を奏でるための製品だったはずですが、

CD12の前では機器の音や癖が強かったと思いいたった方が多かったほど卓越した表現力でした。

音楽の解釈とテクノロジーが鮮やかなハイタッチを交わしたような音楽表現。

音は好みがありますので、STUDERやWADIAが好きだと言う方もいらっしゃいます。

Audio Dripper の中でも音楽によってはSTUDERが好みだというスタッフもいます。

 

コンパクトな思想が音に出る。

CD-12のサイズは横幅32cm・奥行35cmの小さなアルミ削り出しの筐体で

表面には70ミクロンのアルマイト処理が施されています。

D/A変換部はLinn HDCDによる20bit8倍オーバーサンプリングで、

ピックアップはソニー製が搭載されていました。

後期モデルのDA部は24bitとなり、このモデルは市場にでることは稀です。

 

電源部はLinnのBPS(BRILLIANT POWER SUPPLY TYPEU25 WSL)で、

アナログ、デジタル回路毎に供給する仕様でした。

回路はLinn独自の表面実装技術でシンプルなため外来ノイズに強いという特徴がありました。

 

デジタル領域でのタイム感という、Linnのピッチ・アキュレイト思想。

CD12の音がこれまでのハイエンドCDプレーヤーよりも

音楽的に自然に聴こえたかということですが、

Linnのデジタル開発部門は当初スタジオ用DACなどの開発導入で、

クロックやジッター、デジタル領域における時間管理が重要であることをテーマとし、

徹底的に追い込んだため、これまで消えていた空間情報や音の輪郭、

存在感が際立っていたと言われています。

これはアナログプレーヤーLP12で長年培った技術力が根底にあります。Linn CD12 買取 CDプレーヤー

Linnが拓くDSという時代

現在ではLinn DSが音源の主流となり、CD-12はその幕を閉じようとしています。

CD-12とDSの音の差はございます。しかしクオリティの差はあるのか疑問です。

 

新たな次元へ、DSへ移行されることに決められた方の

CD-12はがんばって買取させて頂きますのでご相談くださいませ。

 

KLIMAX KONTROL SEやKLIMAX SOLOの安定性

LINNのプリアンプKLIMAX KONTROLの魅力は動作の安定性です。

それだけ?と思われますが、重要な要素です。

1年以上電源を投入し続けていますが、変化のない動作状況です。

夏の暑い時期は筐体の表面温度が上がります。ヒートシンクの役割を果たしていますので、

上部等に他機器は置かないでください。

各社リファレンスプリと比較した場合は地味な表現ですが飽きの来ない音。

SOLOに関しても、筐体サイズの枠を超えたドライブ能力と安定性が魅力です。

ソース側もCD12等にされた場合等のリモコンからのコントロール性が高く、

ディスクをセットするだけで、良いタイミングで1曲目が鳴り出します。

CD12に付属する2つ目の小さなリモコンが重宝いたします。

リスニングポイントに一つ、ダイニングテーブルに1つ置くことで本格的に聴く際や

読書中のBGMとしても重宝します。

LINNの動作安定性は音の良いオーディオ環境の拡張性にも繋がります。

 

 現在 DS/2、CD12、KLIMAX KONTROL SE、KLIMAX KONTROLモノ2台、SOLO 在庫中 (2019年7月1日)

LINN Sondek CD12最終モデルが入荷しました。取説付属、状態は新品同様です。(2019年7月7日現在)

最終期モデルは初期モデルから大きく進化しています。DS/2と同等のクオリティと音場感です。


 

CD12、Genki・Ikemi・MimikなどのCDプレーヤー、プリアンプ・Klimax

パワーアンプ、アナログ製品も高価買い取いたしますのでご相談ください。

 


■LINN CDプレーヤー買取参考額(買取保証額となります。状態が良い場合はUPします) 


LINN KLIMAX KONTROL SE/d ¥450,000~

LINN KLIMAX Kontrol ¥280,000~

LINN KLIMAX SOLO  ¥900,000~

LINN KLIMAX SOLO/D  ¥1,100,000~

LINN KLIMAX Chakra Twin/d ¥380,000~

LINNは元箱など付属品が揃っている買取価格となります。ない場合も大きくはちがいません。LP12も高く買取できます!


最新の買取保証価格等はお問い合わせください

買取りお見積り・査定フォームはこちら

下取りお見積り・査定フォームはこちら

お電話でお問合わせ   03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事がございます

メールでお問合わせ info@kaitori-audiodripper.jp